仮想通貨の取引所とは

▼ 目次

取引を行うためにはこの取引所への利用が必要

仮想通貨は実際には目には見えないけれど実際に存在している通貨のことになります。
その通貨を使用しているコミュニティの中で使用することができる通貨です。
その仮想通貨をうまく利用することによって投資を行うことが可能となります。
うまくお金を増やすことができるようになっているのでおすすめです。

仮想通貨は販売所や取引所で購入したり売却するといった取引を行うことができます。
販売所よりも取引所の方がかなり手数料を抑えての仮想通貨の取引が可能なので、取引所をおすすめします。
ではそもそもこの取引所とはどういったものなのでしょうか。

取引所はユーザーが取引を行っているところであり、取引を行っている板があるので、その板でユーザーから仮想通貨を購入することができます。
株式の売買でも板は使用されていることかと思いますが、この板が取引所にあります。
そしてその板で仮想通貨を売りたいという方から購入したり、また購入したいという方に売ったりすることができます。
ですので手数料だけでなく実際の仮想通貨の値段も販売所よりも取引所の方が安くなっています。
ですので安く仮想通貨を購入したいという場合には販売所よりも取引所の方がおすすめということになるんですね。

そしてまず取引を行うためにはこの取引所への利用が必要となります。
ですから取引所への登録を行う必要があります。
仮想通貨の取引所は一つではありません。
複数ありますので、仮想通貨の取引所を利用されるのであれば、どの仮想通貨の取引所を利用するのかを選ぶ必要があります。
取引所によって特徴も異なりますし、またそれぞれにメリットやデメリットもあります。
自分の希望に合っている取引所を選ぶようにするとよいでしょう。

希望に合っている取引所を探すためには複数の取引所を比較したり、また仮想通貨の取引所を比較してくれている比較サイトを参考にするなどの方法があります。
それぞれどういった特徴があるのかを比較したうえで、よりよい取引を行うことができるようにするとよいかもしれません。

取引所の登録方法

取引所への登録はとっても簡単に行うことができます。
登録は無料となっていますので、気になっている取引所があればとりあえず登録してみるという方法もよいかもしれませんね。
登録をするにあたって必要となるものは、メールアドレスと電話番号、そして本人確認書類です。
まずはインターネットで仮想通貨の取引所のサイトを開きます。
そして登録ボタンをクリックして、登録を行います。
その際にメールアドレスを入力します。
そうしてメールアドレスを入力、送信するとメールがそのメールアドレス宛に送られてきます。
そのメールに記載されているURLをクリックして開きます。
そうしてあとは画面の指示に従って必要事項を入力していきます。
とても簡単に入力も行うことができるようになっています。

必要事項を入力したら、次に取引を行うことができるようにするための本人確認を行う必要があります。
ユーザーアカウントの登録だけであれば必要ないのですが、口座を開設して取引を行いたいという場合には必ず本人確認は必要となります。
本人確認として、本人確認書類をスマートフォンなどで写真に撮影し、その画像をアップロードすることで本人確認の手続きを行うことができます。
この時に使用することになる本人確認書類については、運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、在留カードのどれかとなります。
お手持ちの本人確認書類を使用するようにしましょう。

また本人確認には時間がかかってしまうケースが多いです。
本人確認のために数日かかってしまいますので、その間はユーザーアカウントによってチャート等を見ることはできても実際に取引を行うことはできません。
本人確認が完了したらその趣旨の連絡が来ることかと思います。
一般的にはハガキが送られてきて、そこに暗証番号が記載されており、ログインをした際にその暗証番号を入力することによって本人確認が完了となり取引を行うことができるようになるというものになります。
少し時間はかかってしまいますが登録のお手続きの内容としてはとても簡単ですしすぐに行うことができます。

またまずは仮想通貨を入手しなければ取引をしていくことができません。
ですので仮想通貨を購入するにあたって、日本円を取引所の口座へ入金する必要があります。
日本円の入金は銀行振り込みやコンビニでの決済、またクレジットカードによるお支払いで入金ができるケースもあるのでおすすめです。

取引所によって扱っている銘柄が違います

また取引所によっては取り扱っている仮想通貨の銘柄が異なります。
お好きな希望する仮想通貨の銘柄の取り扱いがある仮想通貨の取引所を選ぶとよいでしょう。
それからまた日本国内の取引所では取り扱っていない仮想通貨の銘柄もあります。
そういった場合にはうまく併用して海外取引所も利用することによってより便利に仮想通貨の投資ができることでしょう。